×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ
ドラマ一覧
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
飛鳥へ、そしてみだ見ぬ子へ
2005年10月10日
フジテレビスペシャルドラマ 月曜日 21時

原作 井村和清 飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ―若き医師が死の直前まで綴った愛の手記
脚本 吉田智子

主題歌 玉置浩二 いつもどこかで

飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ~ ディレクターズ エディション DVDBOX
2005年11月25日発売
DVD 2枚組み 160分収録
未公開シーン、特典映像を収録
定価 7,980円


出演者
沢村清治 稲垣吾郎 (SMAP
沢村美和 紺野まひる
梶田幸子 佐藤仁美
沢村和也 生田斗真
現在の美和 原田美枝子
沢村サト 風吹ジュン
梶田啄子 いしだあゆみ
沢村修三  夏八木勲

平均視聴率 14.5%





あらすじ
’97年に32歳の若さで亡くなった医師・井村和清氏が、不治の病と闘い死の直前まで妻や子供、両親に向けて綴った手記をドラマ化。
沖縄の研修医・清治(稲垣吾郎)は、美和(紺野まひる)に出会い結婚する。 医療への強い思いから長野に新設された病院に移り、無事長女の飛鳥も生まれ、充実した毎日を送っていた。 そんな折、右足に痛みを訴えた清治は検査をすると悪性腫瘍が発覚し、片足を切断しなければならないことになる。
父として夫として、愛する家族を守るために清治は右足切断の手術を決意する


稲垣吾郎の役柄
沢村清治  純粋な青年で医療への熱い思いを持ち医者になる。 子供が生まれ幸せな暮らしの中、突如悪性腫瘍が襲い掛かる。 生き残るためには右足を切断するしかなかったが、医師として片足がなくなるのは辛い選択だった。 
手術は成功し、同僚や患者さんに見守られて職場復帰し、医師を続けることができた清治。 しかし穏やかな生活は長くは続かなかった。
悪性腫瘍が肺に転移しており、長くても余命半年と宣告される。